「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【なまらスゴイ】北海道のテニス強豪校5選

2016 8/26 13:36
テニスコート、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by kireewong foto/Shutterstock.com

北海道の高校テニスに興味がある方へ。
もっと北海道の高校テニスを知りたいという思いに応え、今回北海道強豪校5選を紹介します。

少人数でも強豪校の仲間入り 札幌日本大学高等学校

平成28年時点で、札幌日本大学高等学校テニス部の人数は、男子11名・女子9名です。練習場所もクレーコートで、雨の日には隣接した中学校の体育館で部活動をしています。決して恵まれた環境ではない中でも、北海道大会で優勝する強豪校として有名です。
強さの秘訣は、年数回ある遠征にあります。他の強豪校と練習試合をすることで、テニスの技術を大幅に上げています。チームワークも大切にして、ハイレベルな試合の中で実力を育んでいます。このスタイルが、毎年良い結果を残しているのでしょう。

数多くの北海道大会で活躍 札幌西高等学校

札幌西高等学校は、平成24年に創立100周年を迎えた伝統校です。校内では芸術作品が多く飾られており、卒業生も彫刻家や画家、小説家や作曲家など、クリエイティブな職業で活躍している人が多いです。テニス部の活動内容は、「ハートは熱く、頭はクールに!!」という意識で練習しています。
メンタルの強さで、多くの大会において上位の成績を収めています。初心者から上級者がいる中で、男女とも団体・シングルス・ダブルスで活躍する選手が多いのも特徴です。

メディアも注目の強豪校 北海道科学大学高等学校

尚志学園高等学校が平成28年に名称変更し、「北海道科学大学高等学校」になりました。地域に貢献できる人材育成に力を入れており、大学教育につながるようなサポートを心がけている学校です。
テニス部の活躍は、雑誌「テニスマガジン」でも注目されています。「第37回全国選抜高校テニス・男子」の大会が平成27年に行われ、北海道代表としてテニスマガジン4月号に掲載されました。このときのメンバーの半分は1年生だったので、実力主義の高校だとうかがえます。

チームワーク抜群の北海道テニス 札幌藻岩高等学校

札幌藻岩高等学校は、北海道大会で優勝した経験があるほどの実力です。「みんながレギュラー、みんながキャプテン」の精神で、人数が少ないときでも切磋琢磨して大会上位の成績を収めています。学校行事が盛んである藻岩高校では、1年生から宿泊研修があるほど、集団行動を大切にしている学校です。
テニス部のチームワークも、学校の伝統を受け継いでいるのが伝わってきます。今後の大会も、男女ともに全員が活躍できるスタイルで勝ち上がってほしいですね。

徹底した練習メニューの強豪校 北海高等学校

明治18年に創立した北海高等学校は、テニス部の練習メニューが徹底していることで有名です。練習内容を夏季と冬季で分けており、曜日ごとの練習メニューも緻密に組んでいます。
また、アスレティックトレーナー指導によるトレーニングも行っており、選手の体幹からみっちり鍛えています。全国制覇を目標にしている高校であり、全道大会もインターハイも連続出場している強豪校です。ラケットの使用ブランドも統一することで、より指導しやすい環境も取り入れています。

まとめ

いかがでしょうか?
北海道のテニス部は、本当にレベルが高いです。インターハイ連続出場している高校が、団体地区大会で負けてしまうこともあります。
今後ますます白熱する高校テニス界では、北海道で活躍する選手たちの動きにも注目していきたいですね。

以上「【なまらスゴイ】北海道のテニス強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事