「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レジェンドがいっぱい!米女子テニス界

2018 3/7 09:59跳ねる柑橘
セリーナ・ウィリアムズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス大国アメリカ

世界にはいくつか「テニス大国」と呼ばれる国があるが、とくにグランドスラムが開催される4か国が有名だ。テニスの母国イギリスやフランス、オーストラリアは大会ホスト国としてだけでなく、歴代の名プレーヤー達を輩出してきた。

今回取り上げるアメリカも同様である。世界屈指のスポーツの祭典と評される全米オープンの開催国だけではなく、ジョン・マッケンローやアンドレ・アガシ、ビリー・ジーン・キングやクリス・エバート、ウィリアムズ姉妹など、男女とも数多くの素晴らしい選手を送り出してきた。今回はその中でも女子プレーヤーにフォーカスし、伝説的選手から絶対女王、そしてその後継者候補を紹介する。

女子テニス界の礎を築いたレジェンドたち

女子テニス界では、アメリカはトップに君臨している。グランドスラム女子シングルスの優勝回数2ケタ記録は、2018年2月現在7人だが、そのうち5人がアメリカ人だ。女子テニス強豪国であるアメリカの選手を知るうえで欠かせないのが、20世紀に活躍し、女子テニス界の礎を築いた選手たちである。

グランドスラム女子シングルス優勝回数歴代4位のヘレン・ウィルス・ムーディーは1920~30年代に国際的な活躍を見せ、50年代前半にはモーリーン・コノリーが活躍した。コノリーは女子テニス選手史上初の年間グランドスラムを達成し、ウィンブルドンを三連覇するなどアメリカテニス界の伝説を築いたが、その直後に事故に遭い選手生命を絶たれた。

おすすめの記事