「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

実力派揃い!フランス人テニスプレーヤーたち

2018 1/10 12:13跳ねる柑橘
フィリップ・シャトリエ選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

全仏オープンに名を遺すレジェンドたち

ウィンブルドンを除いたグランドスラム残りの3大会の会場のコートには、各国のレジェンドの名前が冠されている。全仏オープンが行われる、ローランギャロスもその一つで、センターコートの名前は“コート・フィリップ・シャトリエ”である。

フィリップ・シャトリエは、選手としては目を見張るような成績を残したわけではないが、その功績は引退後にある。1968年に当時別組織だったフランス国内のアマチュアとプロのテニス連盟を統合。
その後もフランステニス連盟の副会長や会長、さらにITF(国際テニス連盟)の会長も務めるなど、フランスのみならずテニス界全体の発展に貢献した人物だ。一度は除外されていた夏季オリンピックの正式種目にテニスが復帰したのも彼の功績のひとつである。

もう一人、全仏のコートに名前がつけられた選手がいる。スザンヌ・ランランだ。世界初のプロテニス選手でもある彼女は、オープン化前の4大大会でシングルス8勝を記録。白血病により39歳の若さでこの世を去ったランランは、フランスでは今も「テニスの女神」として敬愛されている。

テニス界のモハメドアリ、ツォンガ

現役の男子フランス人選手を代表するのが、ジョー=ウィルフィルード・ツオンガだ。錦織圭などとともにBIG4(フェデラー、ナダル、ジョコヴィッチ、マリー)に次ぐ勢力の1人として数えられてきた。

これまで全豪で準優勝(2008年)、母国の全仏でベスト4が2回(2013・15年)、ウィンブルドンでもベスト4が2回(2011・12年)、そして全米ではベスト8が3回(2011・15・16年)と素晴らしい成績を残している。ATPランキングの自己ベストは2012年の5位で、その後はトップ20の常連だ。
最大の武器は、恵まれた体躯から放たれるパワーあふれるサーブとフォアハンド。特にサーブは最速237km/hを記録するなど、規格外のパワーを持つ。2017年にツアー通算400勝をあげており、ベテランの域に入ってもまだまだ第一線で活躍する選手だ。

おすすめの記事