「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フラットサーブの得意なテニス選手から学ぶ打ち方のコツ

2017 12/29 20:07村正 吉和
サーブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by nd3000/shutterstock.com

サーブの中でも高速サーブが打てるのが「フラットサーブ」だ。早いサーブを打ちたいと思って力を入れると逆にスピードが出ず、悩む人もいるのではないだろうか?今回はフラットサーブを得意とする選手を例に、スイングや体の使い方のコツについて解説していく

サーブは「ボールのトス」と「スイング」が打ち方のポイント

まず、ボールトスは自分の立っている位置より前にトスすることがおすすめだ。サーブを打つ時の勢いは前に勢いが掛かるのがポイント。それなのに後ろにトスしてしまうと勢いが出なくなってしまうのだ。

そしてボールをミートするポイントは、ラケットの最高地点で打つようにスイングをおこなう。高い位置から打つメリットとして、自然にトップスピンが掛かり、ネットに掛かりにくくなること。そしてボールが弾んだあとに伸びが出ることが挙げられる。

「体の軸」と「手首の脱力」が早いサーブのコツ

サーブで速度を出せない原因の多くは体の軸がずれている可能性が高い。速いサーブを打つうえで大事なのが軸足の蹴る力と体の回転。この動きをうまくボールに伝えることで速い球を打ち出すことができる。
このとき難しいのは体の回転と腕の回転するポイントをうまく合わせる必要があることで、腕の力だけでは早いボールを打つことができない。手首に力を入れずに体の回転の力で腕を回転させることで、ボールにより回転が掛かり、コート内にボールが入ってくるようになるので意識してみてほしい。

おすすめの記事