「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロも戦術に加えている スライスサーブのコツを教えます

2017 12/29 20:07村正 吉和
テニスボール、ラケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by oleandra/shutterstock.com

スライスサーブはパワーがあまりなくても回転を掛けることで打つことができ、また他のサーブに比べて技術が少なくても打ちやすいのが特徴だ。ただし、慣れていないとコースの打ち分けができないなど問題も出てくる。ここでは、コツさえ掴めば優れた武器になるスライスサーブについてご紹介する。

フラットサーブと同じ打ち方

スライスサーブは特殊なフォームでなくても打つことができるサーブだ。相手からするとフラットサーブとスライスサーブを同じフォームから打たれると、予想が難しくレシーブミスを誘うことができる。
同じフォームで打つために、ボールはフラットサーブと同じく肩から多少前の位置に上げる。フラットサーブとの違いはミートの方法だ。
フラットサーブはラケットの正面で当てるイメージだが、スライスサーブの場合はボールの横をこする、削るようなイメージで打つことで、ボールに横回転をかける。ラケットを横向きで当ててしまうとボールの威力が落ちるため、多少ラケットを斜めにして打つのがポイントだ。

最初は速度は気にしない。ワイドにしっかり回転を掛けよう

スライスサーブは、ワイドにキレの良いスピンボールを打てれば、相手選手をコートの端に押し出して、オープンスペースを作ることができるのが特徴だ。また、横回転のボールはあまりバウンドをしないため、レシーブで強打されることも少ない。
まずは横回転をしっかり掛ける意識を持つことを考えよう。すでに横回転を掛けることができる人は、ワイド方向に逃げる球を打つようにコースを打ち分けることをポイントとして、意識的に打つことで自分の有利な展開にもっていくことができるだろう。

おすすめの記事