「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ドラマチックな展開の数々!USオープン2017年大会を振り返る

2017 10/13 10:05跳ねる柑橘
US open tennis
このエントリーをはてなブックマークに追加

年内最後のグランドスラムは波乱とドラマでいっぱい

テニス最高峰の大会、グランドスラム。年4回開催されるそのグランドスラム最後の大会が、アメリカの大都会ニューヨークで行われるUSオープンだ。1月から続くシーズンも後半、選手たちはコンディション維持やケアが重要になってくる。
実際2017年は多くの選手が負傷やピーキングに苦しみ、この大会も例年とは様子の異なる展開となった。波乱とドラマに満ちた大会となったUSオープン2017年大会。男女シングルスの様子を振り返っていこう。

負傷者続出の男子シングルスの2つの注目ポイント

大会前から男子ツアーは、既にざわついていた。多くの選手が年内の欠場を明らかにしていたのである。その中には、世界No.1経験者のジョコヴィッチ選手とマリー選手、前回大会王者のワウリンカ選手、そして錦織選手も含まれていた。トップ選手である彼らの欠場はテニスファンにとっては非常に残念なことだが、今大会には他にも楽しみな点があった。

まずは、完全復活を果たしたフェデラー選手とナダル選手の存在だ。2017年ここまでグランドスラムはこの2人が独占しており、彼らの復活を誰もが喜び、今大会の活躍を期待した。そして若手の台頭も期待された。
このシーズンはアレクサンダー・ズベレフ選手やルブレフ選手、シャポバロフ選手といった若手が躍動しており、多くのトップ選手が不在というこの大会では当然、大番狂わせも予想された。

おすすめの記事