「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

遅咲きの苦労人 杉田祐一の躍進を振り返る

2017 9/13 14:03跳ねる柑橘
杉田祐一選手、テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

錦織だけじゃない!杉田祐一の大躍進に迫る

日本を代表する男子テニス選手といえば圧倒的な成績を誇る錦織選手、そして圧倒的な個性の持ち主である松岡修造氏。
彼らの前では影が薄れがちだが、もちろん日本男子テニス選手は彼ら二人だけではなく、トップには何人もの選手がいる。添田豪選手、伊藤竜馬選手、西岡良仁選手、ダニエル太郎選手……。そして今回ご紹介する、杉田祐一選手だ。負傷の錦織選手に代わり日本テニス界を牽引する杉田選手に迫る。

杉田祐一選手の略歴

杉田祐一選手は1988年生まれの宮城県仙台市出身で、錦織選手の1歳先輩だ。中高は学校のテニス部に所属し、2005年のインターハイでシングルス優勝。翌2006年には全豪オープンのジュニアシングルスに出場し、同年にはプロデビューを飾った。2007年には早稲田大学に進学。現在は三菱電機に所属している。これまでにフューチャーズ大会で12勝、チャレンジャー大会で9勝をあげている。
2009年の全米オープンからはグランドスラムの予選に参加しており、これまでに全豪、全仏で1回、ウィンブルドンで3回本戦出場を果たしている。

おすすめの記事