「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【東京オリンピックが楽しみ!】東京都のテニス強豪校5選

2016 8/13 06:01
有明 テニスの森
このエントリーをはてなブックマークに追加

トップレベルの高校テニスを楽しみたい方へ。
日本で最も混戦状態が続く東京都の高校テニス。
今回は、そんな東京都のテニス強豪校を5つご紹介する。

2014年の全国2位!東海大学菅生高等学校

東海大学菅生高等学校は、あきる野市にある男女共学の私立高校で、東海大学附属の中高一貫校です。 野球部は5回の甲子園出場経験があり、千葉ロッテマリーンズの金森敬之選手、オリックスバファローズの鈴木昂平選手を輩出。テニスでは、ロンギ正幸選手の出身校だ。
テニス部は、全国大会に32回も出場している強豪。全国制覇とウィンブルドンジュニア出場を目標に、山中湖で合宿を行うなどしている。
都大会ではベスト4の常連で、今年の東京都高等学校テニス選手権大会では準優勝の成績。昨年の春の選抜大会では、惜しくも福岡県の柳川に敗れるも、見事準優勝を果たした。

東京都ベスト4の常連!早稲田実業学校

早稲田実業学校は、国分寺市にある私立高校で、早稲田大学の系属校として初等部、中等部、高等部がある。野球の強豪校として有名で、甲子園にハンカチ王子フィーバーを巻き起こした北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹選手の出身校としてもおなじみだ。
テニス部は、都大会ベスト4の常連で、藤田秀丸さん、大地重雄さんらを輩出している。 最近の傾向としては、男子は準決勝が鬼門となっているものの、個人では全国レベルの選手の活躍が見られる。一方、女子は優勝争いをするレベルにあり、今年のインターハイ出場も決めている。

おすすめの記事