「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「観戦ツアー」だけじゃない。テニスウィンブルドン現地観戦の方法

2017 7/10 10:01村正 吉和
このエントリーをはてなブックマークに追加
ウィンブルドン競技場

Photo by Yuri Turkov/Shutterstock.com

ウィンブルドン選手権をテレビ中継で見た人の中には、芝のきれいなコートで繰り広げられる選手同士の白熱した試合を生で観戦したいと思う人もいると思います。そのような人向けにどうすれば生の試合観戦をすることができるのかを簡単にまとめてみました。

チケットの種類と購入方法4点

ウィンブルドン選手権を観戦するためのチケット購入方法は以下の4点です。

1.Ballot(事前の抽選販売)
海外移住者は前年の11月始めから12月中旬ごろまでにオンライン上で抽選の申し込みをする必要があります。

2.Queue(当日券購入のために窓口に並ぶ)
最終4日間は当日券の販売は行っていませんが、それ以外でのセンター、No.1コート、No.2コート、No.3コート、Ground Ticket(No.4~No.19へ入れる当日券)の観戦チケットを購入することができます。

3.Hospitality Package購入(食事やラウンジ使用とセットになったプラン)
旅行会社などがインターネット上で募集を掛けている観戦ツアー。現地への交通費、宿泊費と食事やその他サービスなどがパックになっている商品です。

4.Ticket Master(払い戻しチケットの再販)
1.の抽選などで当選した人が何かの理由で払い戻ししたチケットを再販で購入する手法です。

資金が十分にあるなら旅行会社の観戦ツアー

観戦ツアーのメリットは、自分で観戦ツアーを予約するだけで他の面倒な作業を業者に任せることができるところです。また現地に着いてからも日本人のサポートが受けられたり、試合が行われるコートまで送迎してくれたりと、不自由なく観戦まで行うことができます。但し、費用がとても高価です。
Ballot(事前の抽選販売)で当選すれば男子シングルス決勝戦であっても、チケットは約180ポンドで30,000円にいかない程度(1ポンド=140円計算)の料金であるのに対して、このパックの場合は男子シングルス決勝の場合、約100万円近い金額となることもあります。

おすすめの記事