「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニス最高峰「ウィンブルドン」は出場資格の獲得も難関な大会だった

2017 7/10 10:01村正 吉和
テニスボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jiri Vondrous/Shutterstock.com

錦織圭選手の躍進によってテニスが注目されてきました。ただ、大会の名前がテレビなどで出てきても、聞いたことがあるけど詳しくは知らないという方もいるのではないでしょうか?今回は「ウィンブルドン」大会に注目して出場にはどのような条件があるのかを紹介したいと思います。

「ウィンブルドン」になぜプロ選手は出場したいと思うのか

テニスの大会にはランクが決められており、ランクが高ければ高いほどポイントと賞金を多く獲得できます。ウィンブルドンを含めた「グランドスラム」といわれる大会は4種類あり、優勝者には2,000ポイント、優勝賞金ともなれば億を超える賞金が与えられる、一番ランクの高い大会です。
そのため出場資格も厳しく、また参加者も強豪選手ばかりで、勝ち進むことだけでなく参加することも非常に困難な大会なのです。しかし、プロになったからには一番の高みを目指すために、選手たちは「グランドスラム」優勝を目指して戦うのです。

どうすれば「ウィンブルドン」に出場できるの?

プロであれば出場資格を理解していると思いますが、観戦している人の中にはどのようなルールで選手に出場機会を与えているか分かりにくいですよね?男子シングルスを例にして紹介したいと思います。
「ウィンブルドン」への参加はまず、本人の申し込みから始まります。大会6週間前に申し込みを行い、受理された選手のうち、ランキングの上位104選手が予選なしで本戦へ出場できます。そして選考に漏れた選手の中から主催者から推薦で8選手が選出されます。
どちらの選考にも呼ばれなかったランキング上位120位までの選手と、ここでも上とは別に主催者推薦枠として8選手、計128選手で予選を戦い、本戦には16選手が勝ち上がります。この16選手と本戦出場資格のある112選手の、トータル128選手で本戦を戦うことになります。
つまり、予選に参加するまでに、最低でも世界ランキングの上位200位ほどに入っていなければならないというわけです。

おすすめの記事