「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニス「ウィンブルドン」の歴史の中で特に印象に残る名場面5つを紹介

2017 7/10 10:01村正 吉和
ロジャー・フェデラー選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Neale Cousland/Shutterstock.com

「グランドスラム」の4大会で最も長い歴史を持ち、毎年、様々な名勝負が繰り広げられているウィンブルドン選手権。その中で今回は人々の記憶に残る5つのエピソードを紹介していきたい。

今までの勝利数の記録を塗り替えた白熱した戦い

2009年に行われた決勝戦。ロジャー・フェデラー選手とアンディー・ロディック選手との戦いだった。戦いは接戦でフルセットまでもつれる展開を迎えた。タイブレーク制度がない5セット目、なんと30セットまで一進一退の攻防続き、最終的にフェデラー選手が優勝したのだ。
この優勝でピート・サンプラス選手の「グランドスラム」タイトル数の14を塗り替え、15としたことでウィンブルドンを優勝しただけではなく、同時にグランドスラムの優勝記録も塗り替えた大会となった。

決勝戦最長の試合であり悲願達成された試合

2017年現在も現役で戦っているロジャー・フェデラー選手とラファエル・ナダル選手との2008年の決勝戦。その当時フェデラー選手はウィンブルドンで5連覇を達成しており絶好調だった。6連覇を掛けた決勝戦でナダル選手と戦うことに。
結果は「4時間48分」の決勝戦最長記録の末、ナダル選手がウィンブルドン初タイトルを獲得した。2006年、2007年と同じ顔合わせで戦いながらもあと1歩で優勝出来なかっただけに、念願の初タイトルを獲得となった。
2009年は再びフェデラー選手にタイトルを譲るが、2010年には取り返すなどよきライバル関係でもある2人だ。

おすすめの記事