「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニス最高峰「グランドスラム」のウィンブルドン選手権の特徴とは?

2017 7/10 10:01村正 吉和
Wimbledonロゴ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Yuri Turkov/Shutterstock.com

テニス大会の中で勝ち進むことが難しいといわれる最高峰「グランドスラム」。グランドスラムは4種類あるが、各大会、それぞれ特徴がある。今回はその中でも「ウィンブルドン」選手権にスポットライトをあてて紹介したい。

そもそも「ウィンブルドン」選手権ってどんな大会?

ウィンブルドンとはイギリスの地名から来ている。ロンドンの南にある町の名で「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」のテニスコートで行われる大会を指す。イギリスで行われる大会のため日本では便宜上「全英オープン」と呼ばれる。
日程は毎年6月の最終月曜日から始まり期間は2週間での実施だ。(大会期間の1週目と2週目の日曜日はミドルサンデーと呼ばれ休息日にあてられている)
同大会は1877年7月9日に初めて行われ、当時の開催理由はセンターコートのローラを買い替えしたいための資金集めだったと言われている。

グランドスラムの中でも格が違う。センターコートの違い

ウィンブルドンはコートの種類が違う。全豪・全米はゴムでコーティングした「ハードコート」を採用しているのに対して全仏は土のコートの「クレーコート」。
そしてウィンブルドンは天然芝で作られた「グラスコート」を採用している。天然芝はただでさえ管理するのが大変な上、大会が開催される会場にはコート数が19もある。
決勝が行われるセンターコートはイギリス最大のテニスコートで座席数は15,000にも上る。センターコートには閉開式屋根が取り付けられ、悪天候にも強いコートとなっている。

おすすめの記事