「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

グランドスラム4大大会を知ろう(後編)

2017 6/28 09:44
wimbledon
このエントリーをはてなブックマークに追加

グランドスラム―全テニス選手が夢見る舞台

プロテニス最高峰の大会、グランドスラム。全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、そしてUSオープンの4つの大会を指します。
グランドスラム4大大会はすべてのテニス選手が出場を目指す大舞台です。今でこそ錦織圭選手が当然のごとく全大会の本戦に出場していますが、簡単に到達できない場所だということは忘れてはいけません。
前回は1年のうち最初に行われる全豪オープンと全仏オープンについてご紹介しました。今回は後編ということで、ウィンブルドン選手権と全米オープンをご紹介します。
格式高いウィンブルドンと、エキサイティングなスポーツイベント、全米オープン。大会ごとの個性の違いがわかれば、一大テニスイベントを楽しむ幅がぐっと広がるはずです。

ウィンブルドン選手権―テニスの聖地で行わる格式高い偉大な大会

イギリスのロンドン、ウィンブルドンで6月の最終月曜日から2週間にわたって開催されるのが、ウィンブルドン選手権です。開催地名の“ウィンブルドン”で呼ばれるこの大会ですが、正式名称は「The Championships(ザ・チャンピオンシップス:選手権)」とシンプルな名前です。
会場は「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」という競技場。1868年にテニス専用の競技場としてオープンしました。会場名にある「クローケー」とはゲートボールの一種で、芝の上で行う競技のため、グラスコートのあるこの会場で行われています。
4大大会唯一のグラスコート(芝)のサーフェスの大会です。5月から6月にかけて全仏オープンが行われた直後なので、全仏で上位まで勝ち進んだ選手としては大舞台が続くうえに、それぞれ個性が強いサーフェスなので、トップ選手にはスケジュール面でタフな時期になります。

おすすめの記事