「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

グランドスラム4大大会を知ろう(前編)

2017 6/28 09:44跳ねる柑橘
tennis grand
このエントリーをはてなブックマークに追加

もっともファッショナブルなグランドスラム

全仏オープンはファッションも注目される大会です。パリという土地柄と過ごしやすい6月の開催ということもあって、男女ともオシャレなウェアに身を包みプレーに臨みます。パリ市街地からもそう遠くないため、訪れるお客さんの装いも華やか。スポーツとファッションが融合した様を楽しむことができます。
また、ローラン・ギャロスに名を刻むテニスの女神スザンヌ・ランランさんも、女子テニス界のファッションに新たな風を吹き込みました。コルセットをつけてドレスがテニス女子のドレスコードだった当時に、半袖&膝丈スカートという斬新なスタイルでプレーしたのです。
また4大大会で唯一、審判のコールがフランス語なのも特徴です。何もかもが独特な全仏オープン。現地観戦はもちろん、テレビ観戦でもいつもと違うワクワクを持ってみることができる大会です。

波乱を含む前半2大会

今回は4大大会のうち、最初に行われる全豪と全仏の2つの大会をご紹介しました。全豪は最初の大舞台であるうえに環境への順応が問われる大会として、そして全仏はクレーコートというサーフェスの影響で、トップ選手たちが予期せぬ苦戦や早期敗退を強いられることもあります。
グランドスラムの開催国は4か国ともテニスの歴史の長い強豪国です。会場の雰囲気やコートにつけられた各国のレジェンドの名前やエピソードを知ることで、楽しみ方の幅も広がるのではないでしょうか。 次回はグランドスラムの後半戦、ウィンブルドン選手権とUSオープンをご紹介します。

おすすめの記事