「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

グランドスラム4大大会を知ろう(前編)

2017 6/28 09:44跳ねる柑橘
tennis grand
このエントリーをはてなブックマークに追加

グランドスラム―全テニス選手が夢見る舞台

プロテニス最高峰の大会、グランドスラム。全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、そしてUSオープンの4つの大会を指します。
グランドスラム4大大会はすべてのテニス選手が出場を目指す大舞台です。今でこそ錦織圭選手が当然のごとく全大会の本戦に出場していますが、簡単に到達できない場所だということは忘れてはいけません。
4つの大会とも19世紀末や20世紀初頭から行われてきた由緒ある大会ですが、当初はアマチュア選手だけが出場できる大会でした。テニス界に変革が訪れた1968年。プロ選手にも4大大会の出場資格を与える「オープン化」が行われて現在の形に。ウィンブルドン選手権以外の大会につく「○○オープン」という名称は、1968年以降に改称された大会名です。
そんな歴史ある大舞台グランドスラムですが、それぞれ大会ごとの個性があります。大会の歴史や、会場の特徴などを知ったうえで観戦すると、さらに楽しむことができるはず。そんなグランドスラム4大大会の個性について、2回にわたりご紹介していきます。前編である今回は、全豪オープンと全仏オープンです。

全豪オープン―センターコートには年間グランドスラム2回の英雄の名が

毎年1月から1年をかけて世界中を回るプロテニスツアー。その中で最初に開幕するグランドスラムの大会が、全豪オープンです。
開催地はオーストラリアのメルボルン。南半球の1月は真夏。強烈な暑さと日差しによる過酷な環境のもと、陽炎が立つハードコートで死闘が繰り広げられるのが、会場のメルボルン・パークです。 このメルボルン・パークには、オーストラリア出身の伝説的テニス選手の名前がつけられたテニスコートがあります。
最大収容人数14,820人を誇るメルボルン・パークのセンターコートの名前は「ロッド・レーバー・アリーナ」。伝説的なテニス選手、ロッド・レーバーさんにちなんで名前が付けられました。ロッド・レーバーさんは4大大会シングルスを通算11勝したほか、生涯で200ものタイトルを獲得した名選手。1962年と1969年の2回、年間グランドスラム(1シーズンで4大大会すべてで優勝すること)を達成した男女でも唯一の選手です。
もうひとつが、メルボルン・パークのサードコート「マーガレット・コート・アリーナ」です。こちらは女子テニス界の伝説マーガレット・スミス・コートさんの名を冠しています。7,500人収容のキャパシティを備えます。マーガレット・コートさんはオープン化以降の女子シングルスで初めて年間グランドスラムを達成したほか、女子歴代1位となるグランドスラム24勝という記録の持ち主。ダブルス、混合ダブルスを含めると獲得タイトル数64という驚愕の数字を刻みました。
年間グランドスラムを達成した選手が男女ともにいる。オーストラリアがテニス大国であることがわかるエピソードですね。

おすすめの記事