「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「錦織圭2世」西岡良仁選手のこれまでの軌跡

2017 5/17 09:55跳ねる柑橘
nishioka
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界ランクトップ100入りで期待が高まる西岡良仁選手に注目

ATP世界ランキングトップ10の常連となり、日本男子テニス界をリードしている錦織圭選手。そんな錦織選手に続く若手スターの一人として活躍を期待されているのが、西岡良仁選手です。
西岡選手は2016年にはランキング100位以内に入り、めきめきと頭角を現しています。今回はそんな西岡選手にフォーカスを当ててみます。

ジュニア時代―テニス一家で育ち、錦織選手と同じ名門スクールへ留学

西岡良仁選手は三重県津市出身で1995年9月27日生まれの左利き。テニスコーチを両親に持ち、4歳の頃にテニスをはじめました。2歳年上の兄もテニスを習っており、まさにテニス一家で育ちます。津市にあるニックインドアテニスカレッジでテニスのキャリアをスタートさせています。
小学校低学年の頃から試合に出始め、2007年には全国小学生テニス選手権大会、ダンロップ全日本ジュニアテニス選手権、Dunlop Cup 全国選抜ジュニアテニス選手権大会で優勝するなど、小学生の頃から日本テニス界にその名を轟かせてきました。
中学校進学後もめきめきと腕を磨いていき、中学3年の2011年には、西岡選手が尊敬する先輩・錦織圭選手も在籍したアメリカの名門テニススクール、IMGテニスアカデミーに留学します。
中学卒業後はスポーツの名門である青森山田高校に進学。その後も国内外の大会で活躍を見せます。2012年には全米オープンジュニア大会で、シングルス・ダブルスともにベスト4の成績を残し、2013年にはメキシコフューチャーズ大会で、念願のプロ大会初優勝を達成します。フューチャーズはプロ大会ですがカテゴリは低く、西岡選手のように将来が期待される選手も多く出場するシリーズ。ここでタイトルを獲得したことで、キャリアに俄然勢いがつきました。
同年の第88回ニッケ全日本テニス選手権では、自身初の決勝進出を果たしますが、決勝では同じ三重県出身の伊藤竜馬選手に6-3,6-3のストレートで敗れ、悔しい準優勝となりました。12月にチリで開催されたフューチャーズの2大会に出場し、どちらも決勝はストレートで優勝。ジュニア選手ながらプロ大会3勝を飾っています。

おすすめの記事