「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【びっくり】テニスで起こったまさかのアクシデント!

2017 5/1 19:13dada
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

セクシーだけどほっこり!女性ならではのアクシデント

2014年にカナダで開催されたロジャース・カップ女子、ヤンコビッチ選手とスローン・スティーブンス選手の対戦では、セクシーなアクシデントが起こった。
なんと、ヤンコビッチ選手のブラジャーの紐が切れてしまったのだ。 テニス選手は腕や肩回りを激しく動かすので、紐にかかる負荷も相当なものだ。ヤンコビッチ選手はこのアクシデントに気付くと、はにかんだ笑顔を見せる。会場からは応援する意味の拍手が送られた。
そんなヤンコビッチ選手を助けたのは、観客の女性だった。女性はヤンコビッチ選手に背中を向けさせ、あっという間に紐を結んでみせた。
女性の観客が可愛くリボン結びで紐を修理! ヤンコビッチ選手もニッコリ笑顔。会場は温かい空気に包まれた。

テニスではお静かに。でも、だるまさんが転んだをしちゃった?

テニスの試合ではプレー中は静かにするのがマナーだ。ラリー中も選手たちの雄叫びが聞こえるだけで、静かな戦いが繰り広げられる。
しかし、2016年に行われたバルセロナオープン、テイムラズ・ガバシビリ選手とニコラス・アルマグロ選手の試合では、「だるまさんが転んだ」が行われた。
アルマグロ選手はボールをボールボーイから数個受け取った。ボールを選び終わった後、ボールボーイに余ったボールを返却。ボールボーイが所定の位置に戻ろうとしている時、アルマグロ選手はサーブを打とうとした。
その瞬間、戻るのに急いでいたボールボーイが壁に激突する。しかし、痛がることなくすぐに立ち上がり直立し、アルマグロ選手が「何の音だ?」と振り返った頃には、何事もなく佇むボールボーイがいた。 でも、その口元は少しだけ笑っていた。ケガはなかったようだ。

さすがのメンタリティ!まさかのコート外アクシデント

アクシデントは時としてコート外でも起こり得る。
2016年のリオデジャネイロ五輪では、ファン・マルティン・デル・ポトロ選手が選手村のエレベーターに閉じ込められてしまった。この日はあのノバク・ジョコビッチ選手と対戦する予定で、試合の数時間前になんと40分の閉じ込めに遭った。
大一番でこんなことが起こると、多くの人は焦る。「試合に間に合わなかったらどうしよう」はもとより、「そもそも誰か気付いて助けてくれるかな?」というのも心配だ。しかし、デル・ポトロ選手はエレベーター内で自撮りをしていたそうだ。
世界を股にかける名選手のメンタリティは、やっぱり違う。

まとめ

テニスでは時折、痛いアクシデントや不思議なアクシデントが起こってしまう。 しかし、アクシデントが起こった時にこそ、私たち人間の温かさや臨機応変さが試される時だ。 笑ってみたり、すかさず心配してみたりと、寛容な姿勢がとれるとよい。

おすすめの記事