「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【びっくり】テニスで起こったまさかのアクシデント!

2017 5/1 19:13dada
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Peter Titmuss/Shutterstock.com

アクシデントは、起こらないに越したことはないのだが、起こる時は起こるものだ。テニスで起こった【びっくり!】アクシデントを紹介する

いてて!そこにボールが当たっちゃうの!?

2017年1月に開催された全豪オープンテニス。 スタン・ワウリンカ選手とマルティン・クリザン選手の試合で、そのアクシデントは起こった。
両者リズムよくラリーを繰り返す中、ワウリンカ選手にチャンスボールがやってくる。 そのボールをワウリンカ選手は思い切り打ち返し、クリザン選手の股間にボールが直撃した。
クリザン選手は沈黙し、しゃがみこんでしまった。 痛みに負けず試合は続行されたが、ワウリンカ選手の勝利で終わった。

悲劇は主役以外にも!やっぱり痛いサーブ

フェリシアーノ・ロペス選手をご存知だろうか? 1981年生まれのスペイン人で、片手で美しいバックハンドを放つ選手だった。さらには、髭をたくわえた顔はとてもハンサムで、女性ファンが多いことでも知られる選手だ。
2015年の全豪オープンでは、彼の放ったサーブが、これまたハンサムなボールボーイの股間に直撃した。ボールボーイは痛みに負けずに仕事へ戻ろうとする。 対戦中の選手やスタッフが心配そうに彼のもとに歩み寄り、観客からはその姿勢に拍手が送られた。

おすすめの記事