「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

復活を遂げたフェデラーの涙~宿敵ナダルとの激闘を制し全豪テニス制覇!

2017 4/12 20:20もりちょく
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

新たなレジェンド物語のはじまり

7年ぶり5度目の全豪優勝を果たしたフェデラー。これで、自身の歴代最多記録を更新するグランドスラム18回目の優勝、歴代2番目の年長記録となる35歳174日での優勝、そして史上初となる3つの四大大会で5回以上の優勝を記録となった。まさにレジェンドにふさわしい復活劇に、72万人以上の歓声に包まれる中、フェデラー自身も涙をながして喜びを表現。
惜しくもこの大会4回戦でフェデラーに敗れた日本の錦織圭選手も、ブログでレジェンドの復活に対する特別な嬉しさを綴っている。

また強いフェデラーが帰ってきて厄介だなと思う反面、嬉しかったりもする。 多分この感情は他のどの選手にも嬉しいなんて思わないんだがフェデラーだけは特別なのかもしれない。

出典: 錦織圭公式サイト

試合後の記者会見では、キャリアの終わりが近づいていると、35歳となった自身の将来について意識した発言をしたフェデラー。

昨年2月に初の手術を受け、キャリア最長となる6か月の離脱から今大会で復帰を果たしたフェデラーは、優勝スピーチでの発言について問われると「結局のところ、僕にとってテニスをする時間はもう少ししかないということ」と報道陣に答えた。

出典: AFPBB News

全豪後の1月30日付の世界ランキングでは、トップ10に返り咲き。今後も続くであろうこのフェデラーの物語、そしてレジェンドが舞い戻ってきたテニス界の動向に注目し続けたい。

おすすめの記事