「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

復活を遂げたフェデラーの涙~宿敵ナダルとの激闘を制し全豪テニス制覇!

2017 4/12 20:20もりちょく
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

35歳のレジェンドがながした涙

2017年1月、オーストラリア・メルボルン。史上最多となる72万8763人もの観客が集まったロッド・レーバー・アリーナの中心で、35歳の彼もまた、その瞬間をじっと見守った。
ビデオ判定でポイントがコールされた瞬間、両手を大きく挙げて飛び跳ねたのは、ロジャー・フェデラー選手(以下敬称略)。これまで、グランドスラム男子シングルス最多となる17回の優勝、237週連続という歴代最長世界ランク1位など数々の伝説を生み出してきた。

「5カ月前にはこの場所を想像すらできなかった。素晴らしいカムバックだった」。

出典: 毎日新聞

全豪オープンテニスの優勝スピーチで涙を浮かべてこう語ったフェデラー。そこには、史上最高のテニスプレイヤーと称されながらも、半年もの間、コートから離れざるを得なかったレジェンドの喜びと苦しみがあった。

レジェンド・フェデラーの誕生?ニューボールズの時代?

16歳でウィンブルドンジュニア単複制覇を果たしたフェデラー。翌1999年にプロ人生をスタートさせる。当時のテニス界は、アンドレ・アガシ選手、ピート・サンプラス選手の2強時代。2001年ウィンブルドンで、5連覇を狙うサンプラスを破る大金星を挙げることに。
プレーも積極的なネットプレーから、ベースライン上での打ち合いを磨き上げ、オールラウンドプレーヤーとなる。数々のレジェンドたちを打ち破り、レイトン・ヒューイット選手、マラト・サフィン選手、アンディ・ロディック選手らと並び、2000年代の新たなテニス界を牽引する世代として「ニューボールズ」と称された。
2002年に世界ランクトップ10入り、翌年のウィンブルドンでグランドスラム初優勝を果たしたフェデラー。2004年には世界ランク1位に輝き、世界ランクトップ10との対戦では無敗と、同じニューボールズのライバルたちをも寄せ付けない強さを魅せる。
以降、グランドスラム歴代最多優勝、歴代最長世界ランク1位、史上6人目となる生涯グランドスラム制覇などを記録し、史上最高のテニスプレーヤーとして、新たなレジェンドとして君臨することになった。

おすすめの記事