「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニスの「奇跡」~歴代の名エピソード~

2017 4/12 00:24おしょう
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 David Lee/Shutterstock.com

テニス界では、これまでいくつもの名勝負・名エピソードが生み出された。 そんな中、「奇跡」と言われるような出来事も数々起きてきた。 今回はテニスで起きたいくつかの奇跡のエピソードを紹介する。

フェデラーと聖地で戦った世界772位

世界のトップ選手が集う4大大会の一つウィンブルドン。2016年の大会第2戦で、そのセンターコートで、当時世界ランク3位のロジャー・フェデラー選手と世界ランク772位のマーカス・ウィリス選手が戦う、という異例の試合が実現した。
ウィリス選手は25歳。地元イギリスの小都市でテニスクラブでコーチとして働いている選手だった。 そんなウィリス選手は、イギリス国内のプレーオフ3試合、予選3試合すべてで勝利を収め出場権を獲得した。 ストレートでフェデラー選手の前に屈したが、地元の会場は大いに盛り上がった。

世界ランク144位での銀メダル獲得

2016年のリオデジャネイロオリンピックで、フアン・マルティン・デル・ポトロ選手は、世界ランク144位にもかかわらず決勝まで勝ち上がり、銀メダルを獲得した。 しかし、彼本来の実力から考えると144位という順位は参考にならない。なぜなら、度重なる両手首の怪我が原因で治療と復帰を繰り返し、ランクを落としていたのだ。
デル・ポトロ選手は2009年にデビューすると、そこから破竹の23連勝!一気に頭角を現した。しかしそんな矢先、両手首を故障してしまう。 長い間のブランクからの復活劇は、見るものの胸を熱くさせた。まさに奇跡の復活劇だ。

おすすめの記事