「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニスファン必見!歴代のライバル選手関係

2017 4/12 00:24おしょう
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 lev radin/Shutterstock.com

「ライバル」同士のどちらも一歩も譲らない戦いは、テニスのみならず、どのスポーツでも大いに盛り上がる。 今回はテニスに焦点をあて、ライバル関係にある歴代のテニス選手たちを紹介する。

ロジャー・フェデラー選手VSラファエル・ナダル選手

2000年代、ひいてはテニス歴代でも屈指のライバル関係とされるのがフェデラー選手とナダル選手。 2000年代初頭、圧倒的な強さを誇っていたフェデラー選手だったが、彗星の如く現れたのがナダル選手。フェデラー選手は彼の前に度々辛酸を味わうこととなる。
通算対戦成績はナダル選手の23勝11敗と大きくナダル選手が勝ち越している。 特に、クレーコートではナダル選手のプレーは圧巻で、13勝2敗の通算対戦成績だった。 互いに高め合う良きライバル同士で、完璧なライバル関係とも言われるほどの関係性だった。

セリーナ・ウィリアムズ選手VSヴィーナス・ウィリアムズ選手

1990年代後半から女子テニスを牽引してきたのがセリーナ選手とヴィーナス選手だ。 妹セリーナ選手と、姉ヴィーナス選手の姉妹は、仲良し姉妹であると同時にライバルの関係でもあった。
2人とも男子顔負けのサービスや、ストロークのパワフルさは、従来の女子テニスの概念を覆すほどの迫力。その実力は、2002年から2003年にかけて5大会連続で決勝で二人が顔を合わせたほどだ。 ダブルスではペアを組みオリンピックで金メダルを獲得した、良きチームメイトでもある。

おすすめの記事