「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【4大大会の見どころ満載!】車椅子テニスのグランドスラム大特集

2017 4/5 18:49sachi
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Alistair Scott/ Shutterstock.com

車椅子テニスでも、通常のテニスと同じグランドスラムが開催される。日本の国枝慎吾選手や上地結衣選手は、キャリア・グランドスラムの達成者。キャリア・グランドスラムとは、選手キャリアの中で4大大会すべてで優勝を飾る偉業のことで、それを達成した2人は世界で揺るぎない地位を確立している。 この記事では車椅子テニスのグランドスラムについて、その誕生や見どころ、注目選手などを紹介する。

車椅子テニス界にグランドスラムが誕生するまで

競技スポーツとしての車椅子テニスは、ブラッド・パークス氏とジェフ・ミネンブレイカー氏の手によって1976年に誕生した。アメリカ国内での普及から国際普及へとステージは広がり、パラリンピックの実施種目に採用されたことで世界的な認知度を高めていく。
1992年にはNEC車椅子テニスツアーが発足した。現在はITF(国際テニス連盟)が公認する国際ツアーの総称で、発足当時は11しかなかった大会数が現在160以上にまで増加し、それらが7つのカテゴリーに格付けされている。
この中で最上位に格付けされているのがグランドスラム、4大大会と呼ばれるトーナメントだ。車椅子テニスにおいては、全米オープンが2007年から、他の3大会が2009年からグランドスラムに格付けされた。

車椅子テニスの母国アメリカで開催される全米オープン

全米オープンと呼ばれる大会は、実は2つ存在する。より古くから存在するのは、1980年に創設された「USTA全米車椅子選手権」で、世界中で開催されている主要トーナメントで最も長い歴史を持っている。この大会は現在、グランドスラムに次ぐスーパーシリーズに格付けされている。
グランドスラムの全米オープンは、ニューヨークのフラッシング・メドウズで開催されている。大会自体は2005年に始まり、2007年から車椅子テニスで初のグランドスラムとなった。ただし開催時期がかぶるパラリンピックの開催年は中止される。男子と女子、クァードそれぞれでシングルスとダブルスが行われている。男子シングルスでは日本の国枝慎吾選手が最多優勝6回を誇る。

おすすめの記事