「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ハンデをバネに変えて活躍する、車椅子テニスの女子選手たち

2017 4/5 18:49sachi
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Photonimo/ Shutterstock.com

1976年にアメリカで生まれた車椅子テニスは、40年の時を経て世界中に認知される競技となった。 日本では史上最年少で年間グランドスラムを制覇した上地結衣選手が有名だが、上地選手以外にも観衆に熱狂と感動を与え続ける女子選手たちが存在する。

女子の車椅子テニス界を代表する堂森佳南子選手

1975年に静岡県で生まれた堂森佳南子選手は、中学時代に多発性硬化症による脊髄炎を患い、自力歩行が困難となった。16歳で車椅子テニスを始めたが、2005年からは車椅子テニス中心の生活を本格的にスタートしている。
パラリンピックでは、2008年の北京大会では大前千代子選手とのダブルスでベスト8進出、2012年ロンドン大会では上地選手とペアを組み、同じくダブルスでベスト8に進んだ。昨年のリオ大会ではシングルスのみで出場、格上の選手に1回戦で敗れてしまったが、30歳からの挑戦で3度のパラリンピック出場という快挙を成し遂げている。
日本ランキングの最高はシングルスで1位、ダブルスで2位。車椅子テニス1本に絞るまでは車椅子バスケットボールにも励んでおり、障がい者スポーツに多大な貢献を果たしてきた。

建設業からの転身でパラリンピック出場を掴んだ二條実穂選手

昨年のリオパラリンピック車椅子テニスで、日本から出場した女子選手は3名。エースの上地選手とベテランの堂森選手、そして二條実穂選手だ。
北海道旭川市出身の二條選手は、建設業(大工)に就くため地元の建築系専門学校を卒業、大工として棟梁もこなしていた。しかし、現場作業中の転落事故で脊椎を損傷、両足麻痺で通常歩行ができなくなってしまった。
入院生活中に車椅子テニスを知り、24歳で競技をスタートさせる。学生時代にソフトテニスをしていた経験もあって頭角を現し、3年後の2007年からは海外ツアーにも参戦、国内外の活躍が認められ、リオパラリンピック出場選手に選ばれた。そして、上地選手とのダブルスではベスト4に進出、一躍世界的な有名選手に登りつめた。

おすすめの記事