「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

国枝選手だけじゃない!世界で活躍する車椅子テニス男子選手たち

2017 4/5 18:49sachi
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Nicholas Rjabow/ Shutterstock.com

国枝慎吾選手や上地結衣選手などの活躍が注目され、日本でも車椅子テニスが一躍有名なスポーツとなった。 それは同時に、障がいを持つ方が希望や勇気を見出すきっかけにも繋がっている。 この記事では、国枝選手以外に車椅子テニスで活躍する男子選手を紹介していく。

日本の車椅子テニス界を切り拓いた先駆者、齋田悟司選手

日本で車椅子テニスが普及し始めたのは1980年代のこと。1972年生まれの齋田悟司選手は、車椅子テニスの日本人選手として世界で活躍した先駆者の1人として知られている。パラリンピックにはこれまで5回出場、国枝選手とペアを組みアテネ大会で金メダル、北京大会とリオ大会で銅メダルに輝いている。また2003年には、国際テニス連盟が選出する世界車いすテニスプレイヤー賞を日本人として初めて受賞した。
小学生の頃は野球少年だった齋田選手だが、12歳の時に骨肉腫を患い左足を切断。スポーツが大好きだった少年にとって、自分の身に起きた現実は受け入れ難いものだったそうだ。しかし、それを乗り越えて車椅子バスケットボールと出会い、さらには車椅子テニスを始めて世界の舞台へと駆け上がっていったのだ。

国枝選手に魅入られた次世代のスター、三木拓也選手

三木拓也選手は、1989年生まれの現在27歳。パラリンピックへの出場は2012年ロンドン大会と2016年のリオ大会がある。競技歴わずか2年で臨んだロンドン大会はシングルスで初戦敗退、眞田卓選手とのダブルスでベスト8入賞という成績だった。紆余曲折を経てのリオ大会は、シングルス準々決勝でランキング1位のステファン・ウデ選手に惜敗、ダブルスでは銅メダルを獲得した国枝選手と斎田選手のペアに敗れベスト4の結果に終わっている。
三木選手は小学4年からテニスを続けてきたが、高校3年の受験シーズンを前に骨肉腫を発症、左膝は人工関節となった。絶望に打ちひしがれていた時に知った車椅子テニス。北京パラで世界を舞台に戦う国枝選手に憧れて競技に足を踏み入れた。
2014?15年は右肩の故障で成績を下げたが、怪我も癒えて再び上昇気流に乗ってきた次世代のスター選手だ。

おすすめの記事