「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニスのレベルアップにおすすめの筋トレメニュー4選

2017 4/5 09:49sachi
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Mikael Damkier/ Shutterstock.com

「紳士のスポーツ」と呼ばれ、優雅で華やかに見えるテニスですが、実際は全身を酷使するハードなスポーツです。 ボールをしっかりと打ち返すには、腕だけではなくさまざまな部位に負担がかかります。またステップや切り返しには下半身の力が不可欠です。 そんな全身の筋肉を使うテニス。この記事ではテニスの上達に最適な筋トレメニューをご紹介していきます。

取り組む前に知っておきたいー筋トレに対する考え方

筋トレのメニューをご紹介する前に、テニスの上達に役立つ筋肉はどういうものがあるかを知っておく必要があります。なぜなら、筋トレは鍛えたい部分を意識しながら行うことでより効果が高まるからです。
とはいえ、テニスは全身を使うスポーツなので、プレーでは体についている筋肉のほぼすべてを使います。ただし、やみくもに全身を鍛えるのではなく、各プレーにおける動作を考えた上で重点的に鍛えたい部分を見つけていくべきです。テニスのレベルアップを目的とした場合、その方がより効率的な筋トレメニューを組むことができるでしょう。

テニスのサーブに見る、上半身の主要な筋肉とトレーニング

テニスのサーブはボールトスに始まり、連動した動きでボールを打ち、そしてフォロースルーへと繋がっています。これらの動作から、特によく使う筋肉を考えると、上半身では腹筋、広背筋、三角筋といったものがあります。もちろん、腕の筋肉や握力など他にも鍛えるべき部分はありますが、ここではより体幹に密接する筋肉に焦点を当てていきます。
腹筋はご存知の通り、体幹の強化に直結する筋肉です。広背筋は背中から腰にかけて広い範囲に及ぶ筋肉。そして三角筋は肩を覆うように形成された筋肉です。
おすすめの筋トレメニューは「スパイダークロール」というもの。腕立て伏せの姿勢から片足を浮かせ、その足の膝を肘に近づけて静止させる、というメニューです。両足ともに繰り返し行うことで、腹直筋と腹斜筋、広背筋などが鍛えられます。

おすすめの記事