「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

偉大な記録!シングルテニス全仏オープン歴代優勝者5人

2017 3/8 20:01村正 吉和
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Leonard Zhukovsky / Shutterstock.com

グランドスラム大会の1つに数えられる全仏オープン。 約120年間の歴史の中で、ラファエル・ナダル選手が連勝記録保持者であることを知っている人は少ない。 意外に知られていない歴代の優勝者の偉業や、2017年全仏オープンの楽しみ方を紹介したい。

最初期を支えた、マックス・デキュジス選手

連勝記録は3連勝ながらも、1903年?1904年、1907年?1909年、1912年?1914年と8回の優勝を獲得している。8回はラファエル・ナダル選手の9回に続く偉業となる。
ただし、その当時の全仏オープンは「全仏選手権」と呼ばれ、地元フランスの選手しか出場機会が得られなかった。全仏選手権は1891年から開催されており、同大会の最初期を盛り上げた1人に挙げられる。 シングル8勝も偉大だが、男子ダブルス13勝、混合ダブルス7勝と、トータルで「28」ものタイトルを獲得している。

フランス選手以外の初めての4連覇。ビョルン・ボルグ選手

1974年?1975年、1978年?1981年と全仏オープン優勝回数6回と連続優勝4回は、フランス出身者以外では同大会が開催されてからは初めての偉業だ。他のグランドスラム大会も含めると11回の優勝回数となり、歴代4位の記録となる。
この全仏オープンの記録は、ラファエル・ナダル選手に抜かれるまで約20年間守り続けてきた記録で、1セットも落とさずに優勝した回数2回は同選手と同じ回数を誇る。この記録からも、1900年代後半の全仏オープンを引っ張ってきた選手であることは間違いない。

おすすめの記事