「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

国枝選手も実践している!車椅子テニスの練習法とは?

2017 2/16 19:10
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nicholas Rjabow/Shutterstock.com

現在、日本を代表するテニス選手といえば、錦織選手と、車椅子テニスの国枝選手だ。 国枝選手のグランドスラム制覇などで日本でも車椅子テニスの認知度は高まっている。 そんな車椅子テニスの練習方法を紹介する。

車椅子テニスとは

まず、車椅子テニスについて説明する。 車椅子テニスとは別名「ツーバウンドテニス」と呼ばれることもあり、打ち返すまでにツーバウンドが認められている。 これが車椅子テニス最大の特徴だ。
他には、「打つ時に腰を浮かせてはならない」や、「足を地面につけてはならない」などの細かなルールもあるが、大まかには 一般的なテニスと変わりない。
車椅子テニスには、クアードクラスというクラスがあり、これは重度の障がいがある選手のクラスだ。

チェアワークが重要

どんなスポーツでも基本が大事と言うが、もちろん車椅子テニスでも基本が大事だ。 あの世界トップクラスの国枝選手ですら、基礎を大事にしている。 では車椅子テニスの基礎とは何だろうか?それはチェアワークだ。
車椅子テニスは、体の後方に打たれると弱点となるため、相手の動きを読むことと、いち早く動き出すことが重要だ。 国枝選手は「世界一のチェアワーク」と称されたチェアワークを武器に、世界の一線で活躍してきた。

おすすめの記事