「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニス関係の仕事がしたい!どんな仕事があるの?

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Microgen / Shutterstock, Inc.

男子プロテニス界では世界4大大会をはじめとする数々の大会が開かれており、日本の錦織圭選手が世界ランキングでトップ10入りをキープするなど大活躍をしています。そのテニスに関係する仕事とはどんな仕事があるのでしょうか。テニスに関係する仕事の内容や重要性、やりがいなどを紹介します!

プロテニスプレイヤー

日本のプロテニスプレイヤーは、世界4大大会の一つである全米オープンでアジア人で初の準優勝を果たした錦織圭選手や、長年活躍しているクルム伊達公子選手などがいます。選手は、好きなテニスを仕事として金を稼げることがやりがいとなります。
世界4大大会の優勝賞金は、億を超える金額と報道されておりウィンブルドン選手権では、出場するだけで500万円近くの賞金が得られるそうです。2015年6月から1年間の錦織圭選手の年収は、何と推定34.5億円です!大会の賞金よりもスポンサー収入が大半を占めているようです。
才能があるだけでなく、幼い頃からの努力を続けた結果が実り、今の活躍につながっているのでしょう。

テニスコーチ

テニスコーチには、一般的なインストラクターの役割であるコーチとJPTA(日本テニス協会)が公認しているプロコーチがいます。テニスコーチになるには資格は必ずしも必要ではありません。
一般的なテニスコーチの仕事の例は、メインコーチが何人かが集まったクラスを持って指導し、アシスタントコーチが補助しています。年収も様々で年収200万円の人もいれば、年収1000万円のコーチもいるようです。一流のプロテニスプレイヤーのコーチは、錦織圭選手のコーチであるマイケルチャンコーチなど元々有名なテニス選手がコーチをしている例が多いですが、その年収は億を超えるとも言われています。
コーチは、自身の指導により選手が成長していく姿を間近で見られることがやりがいとなっています。

おすすめの記事