「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニス四大大会のコートの違いと選手の相性

2016 11/1 19:56
テニス 四大大会 コート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Leonard Zhukovsky / Shutterstock.com

テニスの四大大会とは全豪オープン、全仏オープン、ウインブルドン、全米オープンのことだ。それぞれのコートには違いがあり、選手はコートに合わせた闘い方をしなければならない。それぞれのコートにおける特徴と、トップ選手の得意、不得意について紹介する。

全豪、全米で採用、広く普及しているハードコート

ハードコートは文字通り硬めのコートだ。セメントなどの上に樹脂でコーティングした、陸上競技場のトラックのような素材だ。テニス四大大会では全豪と全米オープンで使用されており、管理のしやすさから一般的にも広く及しているコートだ。
硬いためにバウンドが高く、イレギュラーになりにくい特徴を持つが、その分体にかかる負担も大きめだ。素材の特性上滑りにくいので球足が読みやすく、プレーはしやすいだろう。プロの世界では最も平等な条件で闘えるので、実力がそのまま反映される。

遅い球足、天候に左右される全仏のクレーコート

クレーとは赤土のことを指す。赤土のほかにも粘土や砂も使われたコートで、四大大会では全仏オープンで採用されている。ハードコートと同様維持がしやすく、土が柔らかいため足への負担はかなり少ない。
その一方で、柔らかい土がボールの衝撃を吸収しやすいため球足は遅くなり、バウンドはイレギュラーになりやすい。雨が降ると足場がぬかるむため滑りやすいのも特徴で、ボールの球足はさらに弱まる。ボールが拾いやすく、ストローク重視のタイプが多いアジア系の選手は得意なコートと言える。

おすすめの記事