「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニスの攻め方を知って、テニス通になろう!

2016 11/1 10:56
テニス 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Lucky Business / Shutterstock.com

テニスの試合に興味を持った方へ。もっとテニスを楽しみたい人のために、今回はテニスの攻め方についてご紹介します。

テニスの攻め方の基本

テニスでは、いかに相手のミスを誘うかがポイントになります。相手の得意な打ち方を逆手に取って、戦略的に攻めます。
そのためには、ボールの緩急が重要になります。何度もライン際ギリギリの速いボールで攻めて、急に遅いボールでネット際に落とすと、相手を揺さぶることができます。逆に、このような攻め方に食らいつくのが得意な選手もいます。その場合は、いかに早い段階でポイントを取るようにします。
相手によって攻め方が変わるのが、テニスの醍醐味です。

テニスではコースも重要

いかにギリギリのラインを狙ったり、緩急をつけた打ち方をしても、点数につながらないときがあります。
観戦をしていても、「同じ試合展開が続いているな」と感じるときは、お互い苦手なコースを打たせないようにしている場合が多いです。
ラリーが何度も続いているうちに、どちらかの体力が持たなくなります。その隙を狙って、相手が打てない絶妙なコースを攻めていきます。試合展開によっては、体力温存のためにあえてラリーを避ける攻め方もあるので、テニスはとても奥が深いです。

スライスの打ち分けが、テニスの攻め方で重要になる

サーブでよく見るのが、外へ逃げるようなスライスという打ち方です。このスライスがあるからこそ、相手は右へ左へと揺さぶられます。逆に相手がスライスを打ってきたら、そのままストレートで打ち返す攻め方が多いです。
これはクロスに返してしまうと、相手が動かなくても打ち返せるからです。きわどいコースを狙われる危険性も高いので、スライスをストレートで返す試合展開をよく見ることになるでしょう。この攻め方を知っているだけでも、テニスをより楽しく観戦できます。

テニスは、いかにフォアハンドで打てるかが大切

フォアハンドとバックハンドを使い分けるのが前提ですが、テニスでは「いかにフォアハンドで打てる立ち回りをするか」が重要になります。
よりスピードのあるボールを打つためには、フォアハンドでのショットが必要になります。また、フォアハンドは打ちやすい体制でもあるので、ギリギリのラインを狙って速いボールを打つこともできます。
さらにフォアハンドならば、バックハンドに負けないほどのスピンをかけることができます。選手がどうやってフォアハンドで打てるように立ち回るのか、そんな目線で観戦するのも楽しいです。

バックハンドの攻め方

バックハンドでは、スピンをかけやすいという特徴があります。フォアハンドで打てないコースだからバックハンドを使う場合もありますが、スピンをかけて相手のミスを誘うことが多いです。ネット近くに落とすときも、バックハンドを使うケースがあります。
バックハンドのスピンにつられて浮いた甘いボールを、フォアハンドでストレートを打つ場面も多く見られます。角度のあるリターンを狙うときにバックハンドを使う選手もいるので、観戦しながら使い分けを分析してみてください。

まとめ

いかがでしょうか?テニスの試合は迫力があるので、何も知らないで見ていても楽しいです。しかし、攻め方を知っているだけで、テニス観戦が何倍も面白くなります。ぜひ、戦術を理解した上でも応援してみてください。

関連記事

おすすめの記事