「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニスにおけるテーピング活用術

2016 11/1 10:56
テニス テーピング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Piyada Jaiaree / Shutterstock.com

テニスファンの方へ! 試合などで、よく見ると、足や腕にテーピングをしている選手を目にしますが、実際にどんな効果があるのか知りたいと思いませんか? 活用されている「テーピング」について、調べてみたいと思います。

テーピングの種類

少し前までの「テーピング」と言えば、白くてしっかりとしたテープで、貼っていると目立ち、周りから見ても痛々しい印象でした。実際に貼った感じも、やや固定されているような、ちょっと窮屈…という感じがしました。
しかし最近は通気性があってやわらかく、伸縮性があっても取れにくくて、色もベージュや肌色で遠目に見て目立たないタイプのものもあります。日常生活で使うにはとても助かるものです。そして逆にスポーツの場面で使う広範囲の激しい動きをサポートする、しっかりしたテーピングを使うスポーツテーピングの場面では、逆に目立つ鮮やかな色を使う選手が多くなり、ファッション性が高くておしゃれに感じることすらあります。
テーピングをする人の方も、それによって少しでも気分が晴れ、痛みが軽くなったように感じられれば、それに越したことはありません。

テニスのテーピングの巻き方

各スポーツにより、酷使する身体の場所は変わって来ますが、テニスは常にラケットを持ち、コートの中を前後左右に走り回ります。通常は痛めた箇所を保護したり、動きにかかる負担を抑えるためにするテーピングですが、大事な場面では頼みの綱となります。
試合などで、かなり痛くて我慢できないような場合でも、残りの試合を戦うために応急措置的にテーピングをして、一時的に痛みを抑えて戦うことも多いでしょう。
では、テニスの選手が痛めやすい箇所はどこでしょうか?ラケットを振るたびに負担のかかる「手首、肘、肩」、常に走り回る「太もも、膝、ふくらはぎ、足首」。どの方向にボールを打ち込まれても、すぐに動き出す足は、思いがけず痛めやすい箇所です。痛めた場所やその度合いにより、正確にスポーツテーピングをして乗り切り、勝利をつかむことも多々あります。

おすすめの記事