「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

力はいらない!テニスのスマッシュ上達のコツ

2016 11/1 10:56
 テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by oneinchpunch / Shutterstock.com

全国のテニスファンの方へ!また「スマッシュ」強打を身につけることで得点力をアップさせたい方へ! 得点につながるスマッシュを打つコツを知りたいと思いませんか? 今回はそのコツについて紹介していきたいと思います。

スマッシュは力より回転とコース重視

コートに叩きつけるようにボールを打つスマッシュ。大柄な男性であれば威力を期待することもできるでしょうが、非力で小柄な女性は威力に限界があるでしょうから「自分にはスマッシュなんてとてもできない」と思うかもしれません。
しかし「スマッシュ=強打」という発想は実は思い込みです。確かに威力は大事ですが、重要なのは相手がボールを拾いにくいところへ打つコースと、ボールを返しにくくする回転こそが重要なのです。

スマッシュは返されにくいコース狙い、打ち分けも大切

では、スマッシュで回転とコースを良くするにはどうすればよいのでしょうか。
まずコースについてですが、例えばダブルスであれば最も返されにくいのはアレーコート(両端の細長いスペース)の中央付近でしょう。前衛の守りが届かないのはもちろん、後衛もよほど警戒しない限り追いつくことは難しいでしょう。たとえ威力が不十分なスマッシュでもコースさえ狙えば十分武器になるのです。
逆に、どんなに力が強くても、相手の目の前でボールが弾めば打ち返される確率は高くなります。相手にコースを読まれないように、コースを打ち分ける工夫も大切です。

おすすめの記事