「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニスの世界4大大会グランドスラム!チケットを手に入れ観戦しよう!

2016 11/1 10:56
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Neale Cousland / Shutterstock.com

テニスのグランドスラムを観戦したい方へ。初めての方が知りたい、大会別のチケットについてご説明します。

全米オープンテニス

全米オープンテニスは、アメリカのニューヨーク郊外にあるフラッシングメドウズで開催される大会で、夏の終わりの風物詩になっています。
料金は対戦相手や日程により変動になっていますので週末などは高くなる傾向があります。3階後方はツアー席となっており、それでは物足りない方には2階にあるロッジ席がおすすめです。全米オープンテニスのチケットは発売するとすぐに完売になる事が多いそうですのでチケットは市価です。3階から1階に降りるにつれチケットの値段が高くなり、場所もセンターの中央席の人気がとても高く、料金もかなり割高になっています。
試合の勝ち負けで、次の試合の詳細が決まるため、試合が終わって報道があってから申し込んだ方が良いと思います。チケットはインターネットのサイトから購入できますので、料金や対戦の詳細などを問い合わせながら購入するのが確実ですのでお勧めします。

チケット代が高い?ウィンブルドンテニス

イギリスロンドンで開催される大会で日本では全英オープンと呼ばれる場合もあります。コートは天然芝を使ったグラスコートで選手の服装も白と決められているなど、伝統を大切にしている大会です。
ウィンブルドンには、19ものコートがあります。その中でもセンターコートはウィンブルドンのためだけに用意されたコートとなっておりチケット代金も別格!チケット代金だけで100万円程と言うから驚きですね。センターコート、1番、2番、3番コートは、指定券を持っていないと入場することができないようなので気をつけておきたいですね。
チケットの購入方法は、事前抽選販売、食事などとセットになったパッケージチケット、当日券に並ぶ、Ticketmasterでのオンラインでの購入の4つの方法があります。事前抽選はイギリス在住の方向け、海外の方向けによって販売期間が異なります。
パッケージのチケットは、他の商品とのセットですので割高にはなりますが日本の旅行会社などでもいくつかのプランが用意されていますので、初めての方にはお勧めです。Ticketmasterでの販売数は少なく、すぐに売り切れになってしまうそうです。

おすすめの記事