「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ドイツテニス界の伝説的選手、シュテフィ・グラフの功績

2016 11/1 19:56
テニス 女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by lev radin / Shutterstock.com

伝説の女子テニスプレーヤー「シュテフィ・グラフ」、どんな選手か知りたいと思わないだろうか? 今回は、シュテフィ・グラフの輝かしい功績を紹介する。

シュテフィ・グラフの生い立ち

シュテフィ・グラフは1969年6月14日に旧・西ドイツのマンハイムという街で生まれる。3歳の時には家のリビングルームでテニスラケットを使って遊んでいたといわれている。
5歳になると子供のテニス大会に出場しはじめ、7歳で早くも年少者向けの大会で優勝、父は娘の才能に気づきトレーニングパートナーを確保して、英才教育を始める。11歳の時に出場したシニアの大会で、元世界80位の選手相手にフルセットの試合を演じたことで「神童」という呼び方をされるようになった。

プロとして活動を開始

12歳の時にジュニアのドイツ選手権で優勝すると13歳でシニアの大会に出場するが、このときは元世界ランク1位の選手にストレート負けを喫する。これを機にテニスに集中するため、13歳という若さでプロ転向を表明する。早すぎるプロ転向に賛否両論あったが、翌年に参加した全仏オープンでは最も有望な選手として高い評価を得ている。
15歳の時には当時29歳のマルチナ・ナブラチロワと初対戦しストレート負けするが、世の中の注目は高まっていった。16歳で完全に才能が開花し4つの大会で優勝、マルチナ・ナブラチロワにも勝利するなど順調に思われたが、病気とケガにより競技ができない時期を経験する。

おすすめの記事