「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

恵まれた体格と美貌のテニスプレイヤー“ガルビネ ムグルサ”の功績

2016 11/1 19:56
ガルビネ ムグルサ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jimmie48 Photography / Shutterstock.com

恵まれた体格と美貌を兼ね備えた、今もっとも勢いのあるプロのテニスプレーヤーのガルビネ・ムグルサ選手。そんな彼女の成績や魅力、生い立ちや功績などを紹介する。

兄の影響からテニスを始めたガルビネ ムグルサ

ガルビネ・ムグルサ(Garbine Muguruza Blanco)は、1993年10月8日にベネズエラのカラカスで生まれた。父はスペイン出身のバスク人で、母がベネズエラ出身のベネズエラ人だ。年の離れた二人の兄が打ち込んでいたテニスの影響をうけ、妹のガルビネ ムグルサも自然と5歳からテニスを始めることになった。
現在のムグルサは身長が182cmで体重は73kgもあり、女子のテニスプレイヤーとして恵まれた体格だ。しかし子供の頃は線が細く、パワー不足とスタミナ不足を指摘されていた。

ムグルサが選んだ国籍とは

2011年にプロの道へと転向したものの、2011年と2012年はホバート国際大会のダブルスでツアータイトルこそ獲得したが、シングルスではケガによって欠場などもあり、めぼしい成績はあげられなかった。
そして当時、体力面での心配以上にムグルサを悩ませたのが“国籍”問題だった。要はスペインとベネズエラのどちらの国籍を選択するかによって、テニスプレイヤーとしての未来が決まってしまう。当然ながら選手層の薄いベネズエラの方が代表にはなりやすいだが、ムグルサが選んだのはテニス王国のスペインだった。

おすすめの記事