「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

復活を期す元テニス世界王者、ラファエル・ナダルの功績

2016 11/1 19:56
nadal
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport / Shutterstock.com

2000年代後半から10年代前半にかけて無類の強さを発揮して、世界ランク1位にも輝いたことのあるトップ選手の一人、ラファエル・ナダル。 ナダル選手はスペインのテニス界にどのような功績を残したのか、紹介する。

テニス界が誇るスーパースターの一人

地中海の南西部にあるスペインのリゾート地、マヨルカ島の出身のナダル選手は、2016年8月現在、テニスのATPツアーにおいてシングルスで計69回、ダブルスも9回の優勝を誇るトッププレーヤーだ。全豪、全仏、ウインブルドン、全米のテニス4大大会(グランドスラム)における優勝も14回と歴代2位タイで、選手生活の中で4大大会全てを制覇する「生涯グランドスラム」も達成。名実ともにテニス界が誇るスーパースターの一人といえるだろう。

ラファエル・ナダルは「クレーの王者」

ナダル選手は「クレー(赤土)の王者」の異名を持ち、クレーコートには無類の強さを発揮するのが特徴だ。このため、4大大会ではクレーコートを採用している全仏オープンを得意としており、同大会の最多優勝回数並びに最長連覇記録の保持者でもある。ハードコートに比べて滑りやすい赤土は、ナダル選手の母国であるスペインの土壌でもあり、この上でトレーニングを積み重ねてきたナダル選手にとっては非常に相性が良いとされている。

おすすめの記事