「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子テニス界の新星「日比野 菜緒」ってどんな選手?

2016 10/4 00:52
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mai Groves / Shutterstock.com

日本女子テニス選手の中でも急成長をしている、日比野菜緒選手について知りたいと思わないだろうか?
短い期間で女子プロテニス界に現れた新星、日比野菜緒とはどんなプレイヤーなのか、詳しく紹介する。

日比野 菜緒の誕生

日比野菜緒は、1994年11月28日に愛知県一宮市に生まれた。「菜緒(なお)」という名前は、テニスの大好きな母が、元名プレイヤー「沢松 奈生子(なおこ)」からつけたもの。ちなみに菜緒の兄の名は「修造」で同じく元テニスプレイヤーの「松岡 修造」からとったということだ。
そんな兄妹がテニスを始めたのは菜緒が10歳の時で、テレビゲームにはまる兄に、スポーツをさせたいと入れたテニススクールに菜緒も一緒に入ったことがきっかけだった。

「新星」日比野 菜緒が強くなる理由

決して早くはないテニスデビューを2004年に果たした菜緒だが、2013年にプロテニスプレイヤーとしてデビューするまでわずか9年。163cm・57kgの身体から生み出すストロークには定評がある。
菜緒自身もそれを自覚して、攻めるテニスを自分の持ち味としていたのだが、「勝利」ということに焦点を置いたときに、攻めるだけでは通用しないという思いから、世界のあらゆるトッププレイヤーの試合を徹底的に研究した。そんな中で俄然テニスが楽しくなり、更に強くなっていったと言う。

おすすめの記事