「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニス期待の新星 ダニエル 太郎選手

2016 10/4 00:52
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by lev radin / Shutterstock.com

テニス界を引っ張る「期待の新星」、知りたいと思わないだろうか?
今回は、ダニエル太郎選手のプロフィールや今後の目標などを紹介する。

ダニエル 太郎選手のプロフィール

ダニエル 太郎選手は1993年1月27日生まれ現在23歳の、日本の男子プロテニスプレイヤーだ。身長190センチ、体重76キロ、利き腕は右だ。彼はアメリカ人の父と日本人の母を持っている。出身地はアメリカ合衆国のニューヨークで、居住地は スペイン・バレンシアだ。
ATP(男子プロテニス協会)のランキング自己最高位はシングルスにおいて85位(2016年4月18日)、ダブルスにおいては566位(2013年9月23日)を記録している。

プロテニスプレイヤーになるまで

7歳からテニスを始め本格的に練習をするようになった。ジュニア時代と呼ばれる14歳の時にずっと住んでていた名古屋市を離れ、スペインに移住した。移住後はダビド・フェレール(自己最高ランキングにおけるシングルスは3位を記録していた)が所属している有名クラブ、バレンシアのアカデミーで毎日練習をしていた。2010年にプロへの転向をしている。
ジュニア時代から徐々に頭角を現していたダニエル選手は、当時2010年の記事において「快進撃の止まらない選手」というタイトルが付けられた。その快進撃とは世界的にとてもレベルが高く、強敵ぞろいと言われているスペインのフューチャーズ大会でのことだ。本選同様のハイクオリティな高レベル予選で3試合を勝ち上がりベスト4まで勝ち進めた快進撃だった。

新星として期待される理由

2014年に見せた躍進から期待の新星と言われるようになった。それは同年2月に行われたチリオープンでのことだ。大会に参加時の彼のランキングは226位と他の選手からかなりの大きな差をつけられてのスタートながらも、予選を悠々と勝ち上がりなんとATPツアーの本選への出場権を獲得した。
初戦では4年前の同大会において優勝に輝いたトマス・ベルッチを打ち破るという奇跡の金星をあげると、2回戦では更なる強敵の第8シード、フェデリコ・デルボニスをも激闘の末に撃破し、ベスト8入りという素晴らしい成績を収めた。190センチの長身ときれいなこげ茶色の長髪がトレードマークの21歳(当時)は、たちまちメディアに取り上げられて、大会の注目選手へと変身した。

ダニエル太郎選手の持ち味とは

なんと言って圧倒的な「守備力」だ。攻撃力もさることながら、ラリーに一度でも持ち込んだらそこから相手のミスを誘うことができるテクニックと忍耐や粘り強さなどの強い精神力を持っている。まさにスペイン仕込みの圧倒的「守備力」が持ち味と断言できるだろう。デビスカップというテニスの国別対抗戦大会では錦織選手の代打として日本代表に選出された。
初日から格上相手にファンやスポーツ記者など多くの人の予想を裏切るような、それ以上の戦いぶりを見せてくれた。世界40位のルカシュ・ロソルとの対戦ではファイナルセットまでもつれる、まさに大激闘にして大善戦を繰り広げた。

まとめ

テニスも強くとてもハンサムなダニエル太郎選手の今後の活躍がとても楽しみだ。ぜひ注目してほしい。

関連記事

おすすめの記事