「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

卓球Tリーグ女子開幕、日本生命・平野が2勝を挙げチームの白星に貢献

2018 10/29 19:06マンティー・チダ
平野美宇,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【前半】日本生命・早田ひなが強気に攻めて名古屋・チェンに初勝利

10月25日、Tリーグ男子に続き女子も開幕した。開幕戦はTOP名古屋(以下名古屋)と日本生命レッドエルフ(以下日本生命)の顔合わせに。男子と同じく4マッチ制(ダブルス1戦、シングルス3戦)で行われた。

第1マッチはダブルス戦(2ゲーム先取)、名古屋(#5森薗美咲、#89ウー・チンラン)VS. 日本生命(#1平野美宇、#6チャン・チェンチェン組)。

第1ゲーム、日本生命は7-5から平野のバックハンドから4連続得点で先取する。第2ゲームに入って、名古屋ウーのフォアハンドなどで4連続失点を喫するが、平野のサービスが相手のレシーブアウトを誘い、さらに5点連続で加算する。一時はミスも重なり1点差まで詰められるが、平野のバックハンドから、最後はチャンがドライブとサーブで連続得点とした。11-7でゲームを奪った日本生命がゲームカウント2-0で第1マッチを制した。

第2マッチはシングルス戦(3ゲーム先取)、名古屋(#30チェン・イーチン)VS.日本生命(#18早田ひな)。

第1ゲーム、お互いにサービスゲームを制し、互角な戦いを展開するが、相手のミスに乗じて得点を重ねたチェンが11-5でゲームを獲得。第2ゲーム、出だしからチェンが3連続で得点するが、早田も緩いボールで緩急をつけ1点を返すと、ここから強気にフォアハンドを決め続け、一気に逆転。その後もサーブやチキータで得点を重ね、今度は早田があっさりと11-4でゲームを取り返し振り出しに戻す。

早田ひな,ⒸT.LEAGUE

ⒸT.LEAGUE

第3ゲームに入っても、早田の勢いは止まらない。全てのショットが冴え、11-2でゲームを制す。第4ゲーム、チェンが5-2でリードするなど、ペースを握っていく。しかし、じりじりと追い上げを図った早田は5-7から、チェンのレシーブアウト、フォアハンド、チキータなど7連続得点を達成し、11-7で勝利。これにより日本生命がゲームカウント3-1で第2マッチを制した。

おすすめの記事