「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

卓球Tリーグ開幕、男子は水谷・張本擁するKM東京が開幕戦白星

2018 10/29 19:05マンティー・チダ
Tリーグ,開幕式,ⒸT.LEAGUE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸT.LEAGUE

【前半】KM東京・水谷がダブルスで勝利し、大島は吉村とラリー戦を制す

国内初の卓球リーグ「Tリーグ」が開幕した。10月24日、開幕戦として男子のT.T彩たま(以下、彩たま)と木下マイスター東京(以下、KM東京)が対戦。4マッチ制(ダブルス1戦、シングルス3戦)で行われた。

第1マッチはダブルス戦(2ゲーム先取)、彩たま(#20チョン・ヨンシク、#33平野友樹組)VS.KM東京(#0水谷隼、#11松平健太組)。

第1ゲームは、7-7からKM東京・水谷のチキータが相手のアウトを誘いリードを奪うと、3連続で得点し11-7でKM東京がゲームを獲得。

第2ゲームは序盤から彩たまにリードを許すが、水谷のサービスが効果的に決まり9-8と逆転すると、続けてフォアハンドドライブが炸裂しリードを広げる。彩たま・平野にブロックを入れられるなど10-10となりジュースとされるが、水谷がスマッシュなどで13-11とし、第2ゲームを奪取。KM東京がゲームカウント2-0で第1マッチを制した。

第2マッチはシングルス戦(3ゲーム先取)、彩たま(#1吉村真晴)VS.KM東京(#22大島祐哉)。

第1ゲームは、吉村のサービスミスから大島が主導権を握る。3-7とリードされた吉村は、ラリーの末、フォアハンドを決めると、自慢のサービスで流れを手繰り寄せる。8-8の同点から一進一退の攻防が続きジュースになるが、大島がチキータで12-10としてゲームを獲得。

水谷隼,松平健太,ⒸT.LEAGUE

ⒸT.LEAGUE

第2ゲーム、出だしから吉村にリードを許していた大島が、チキータなどで得点を重ね6-6まで追い上げると、打ち合いを制するなど、5連続得点で11-6とし、第2ゲームを奪う。

第3ゲームではフォアハンドで攻めた吉村が7連続得点をするなどでゲームを奪い返すが、第4ゲームは、一転して大島がボールを拾い続けラリー戦に持ち込み、最後はチキータで11-6とした。KM東京・大島がゲームカウント3-1で第2マッチを勝利した。

おすすめの記事