「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京パラリンピックが開催される前に、パラ卓球の注目選手を知ろう。

2017 9/13 14:03あんこ
パラリンピック 卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

パラリンピック卓球の歴史

パラリンピックの卓球は1960年、第1回ローマ大会から開催され、2020年の東京パラリンピックで16回を数えることになる。
日本がパラリンピックに参加したのは第2回の東京大会からであるが、卓球男子ダブルスに参加した、猪狩靖典・渡部藤男組が金メダルを獲得する快挙を成し遂げた。
パラリンピック前の日本では、障がい者は運動をしないのが当然の様に思われていたが、この大会を契機に障がい者スポーツは発展を遂げていくことになる。障がい者や、その家族たちにとって、記念すべき大会として、大きな夢と希望の第一歩になったのは間違いないだろう。

パラリンピック卓球のルール

パラリンピックの卓球は一般的な卓球のルールにのっとって進められる。もちろん全てが同じではなく、障がいの種類や程度によってルールが変更されている。例えば正規パスが困難な選手の場合は、一度自分のコートにボールを落としてからサービスすることが可能になっているし、車いす選手のサービスはエンドラインを正規に通過したボール以外はノーカウントとなっている。
競技は男女別、個人戦と団体戦があり、クラス分けをして行われる。 そのクラス分けは1~5が車いす選手、6~10が立位の選手、11が知的障がい選手となっている。
男女別でも少し違い、個人戦では男子が11クラス、女子が10クラスで開催され競い合うことになる。

おすすめの記事