「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メダルラッシュ!躍進の「世界卓球2017ドイツ」を振り返る

2017 8/25 10:07ムラカミケイ
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

「世界大会2017ドイツ」で日本は5個のメダルを獲得!

2017年6月、デュッセルドルフで開催された世界卓球選手権は日本にとって飛躍の大会となった。個人戦で5個以上のメダルを獲得した大会は、1971年名古屋大会以来、実に46年ぶりだ。この結果は、2016年リオデジャネイロ五輪を経て、日本の卓球のレベルが急上昇していることの証明とも言えるだろう。
今大会でメダルを獲得した選手はもちろんのことながら、惜しくもメダルに一歩及ばなかった選手たちにもたくさんの見所があった。世界を沸かせた日本選手の活躍を振り返ってみたい。

吉村真晴・石川佳純ペア 混合ダブルス48年ぶり金メダル

吉村真晴・石川佳純ペアは、大会前から「金」を意識していた。2年前の蘇州での世界卓球では銀メダルを獲得した。しかし、その実績に満足せず、あくまで頂点を目指して今大会に臨んでいた。「絶対に金」と、時に口に出してきたことからも、彼女らのモチベーションの高さがうかがえる。
準決勝、決勝と、ゲームカウントは1-3と、1ゲームも落とせないところまで追いつめられた。作戦が思うように決まらない苦しい展開だったが、試合中に頻繁にコミュニケーションをとりあい、戦術を修正するとともに、気持ちを切り替えて戦った。2人の優勝への思いが揺らぐことがなかったからこその逆転劇であった。

表彰式では、初めて日本国旗が中央に掲揚され、君が代が流れた。石川佳純選手はメダルを受け取った後、しばらく放心したように見つめてから、笑顔を見せた。獲ると決めて獲得した金メダルを手にして、世界一の舞台に立った瞬間だった。
今大会は2人を新たなステージに引き上げる、かけがえのない経験となるだろう。歴史に名を刻んだ自信を手に、シングルスや団体など、さらなる夢に向かってゆく姿から目が離せない。

おすすめの記事