「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

未来の日本卓球界を背負う、期待のジュニア選手たち

2017 7/10 10:01ゆうり
卓球,加藤美優
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Stefan Holm / Shutterstock.com

オリンピックにおける日本代表の素晴らしい活躍もあり、今までよりさらに卓球が注目を浴びています。 強化育成に力を入れているジュニア世代からも、次々と実力派の選手が出てきているようです。 今回は、未来の日本卓球界をリードしていくと思われるジュニア選手をご紹介します。

最年少で数々の記録を樹立・張本智和選手

張本智和(はりもとともかず)選手は、2003年6月27日生まれで宮城県出身、JOCエリートアカデミーに所属している右利きドライブ主戦型の卓球選手です。
両親ともに中国出身の卓球選手であり、その影響からか2歳でラケットを握りました。正確なバックハンドと天性のボールタッチで、2010年、全日本卓球選手権大会バンビの部の優勝から、バンビ、カブ、ホープスと無敗の6連覇を達成し、以降も世代別で優勝しています。
2016年の世界ジュニア選手権では、13歳163日という史上最年少優勝を果たし、2017年5月に行われる第54回世界卓球選手権個人戦の推薦枠で、男子史上最年少の世界選手権日本代表として選出されています。2017年3月時点の世界ランキングは64位です。

多彩なサーブを操る・木造勇人選手

木造勇人(きづくりゆうと)選手は、1999年10月22日生まれで愛知県出身、愛知工業大学名電高等学校卓球部に所属している左利き裏裏ドライブ型の卓球選手です。
お姉さんの影響で小1から卓球を始め、中学生の時には世界ジュニアの大会で優勝。また、2016年に全日本卓球選手権大会ジュニア男子シングルスで初優勝を飾ると、同年のインターハイのシングルス、団体で優勝、同じく同年ケープタウンで開催された世界ジュニア選手権大会で、張本選手らと共に男子団体で優勝しています。また、2017年には全日本卓球選手権大会ジュニア男子シングルスで2連覇を達成しました。
前中陣でプレーするオールラウンダーであり、20種類近いサーブを巧みに操って相手の先手を取ります。2017年3月時点の世界ランキングは140位です。

おすすめの記事