「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

選ばれし選手が活躍する四国の卓球強豪校を紹介

2017 2/16 10:10
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sico manzer/Shutterstock.com

四国の高校にはマンモス校が多く、選ばれし運動部員たちが日々の鍛錬により全国大会でも多くの実績を残しています。 卓球部に関しても例外ではなく、数々の栄光の記録を歴史に刻んでいます。今回は、四国エリアの卓球強豪校に関して紹介していきたいと思います。

古豪の中でも成長著しい松山商業卓球部

愛媛県の松山商業高校は、毎年生徒数が1000人を超えるマンモス校です。授業の特色として、資格取得に力を入れるなどビジネスマンとしての能力育成に取り組んでいます。
運動部は特に古豪の野球部が有名で、春夏の甲子園通算80勝、全国優勝7回を遂げてい
ますが、卓球部もそんな野球部に匹敵する実績を挙げ、成長著しいところを見せつけています。 男子卓球部は、2016年の県の新人戦において7連覇を達成しました。同年の愛媛県の総体では団体とダブルスで優勝、個人も2位と4位に入賞しています。

県内随一の卓球強豪校である尽誠学園

香川県にある尽誠学園は、普通科のほかに商業科、衛生看護科があり、進学と就職の両方に力をいれています。部活動は、多くのプロ選手を輩出している野球部のほか、バスケットボール部とソフトテニス部、そして卓球部も全国レベルの強豪校となっています。
体育館には専用の卓球場を持っており、整備された環境で集中して練習に取り組んでいます。2016年の香川県卓球個人ランキングでは、男子の部において1位と2位を尽誠学園の生徒が占めました。部としても、インターハイの常連となっています。

おすすめの記事