「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中部地方の卓球強豪校を紹介!

2017 2/16 10:10
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CHEN WS/Shutterstock.com

オリンピックの年は特に卓球の話題がマスコミで取り上げられる回数も増え、それと共に人々の卓球への関心も高くなってきています。 今回は中部地方の卓球強豪校について実績や学校の特色などと共に紹介したいと思います。

全国大会上位常連校、世界でも活躍する「愛知工業大学名電高等学校」

イチローさんや工藤公康さんの出身校であり、誠実・勤勉が校訓の創立100年を超える高校です。学科は普通科・情報科学科・科学技術科があり、クラブは運動系が24、文化系が14です。高校の志願理由になるほどクラブ活動は活発に行われており、野球場、サッカー場、フェンシング場、相撲場、温水プール、武道場、ゴルフ部合宿所など、スポーツ関連の設備は特に充実しています。
卓球部は毎日3~5時間の練習をしており、2016年は世界ジュニア卓球選手権男子団体で金メダルを獲得しています。さらに全国高等学校卓球選手権大会で団体優勝、男子シングルスのベスト4を独占、男子ダブルスも1位と3位の全種目制覇の快挙を果たしています。

目標達成に向けて大きく邁進中「富田高等学校」

岐阜市の富田高等学校は、1906年に創立された私立高校で、学科は国際科、普通科、商業科が設置されています。東海地区では初めて設置された国際科では、全員が1年間の海外留学体験を行い、海外からの留学生も多いといった環境が整えられています。
部活動は運動部、文化部ともに多彩なクラブがあり、卓球部は平日16時から20時、休日は1日練習と、ほぼ休みなしで活動しています。2016年は全国高等学校選抜卓球大会の女子学校対抗で2年連続3位、岐阜県高等学校総合体育大会卓球競技の学校対抗で男女共に優勝、インターハイへの出場を果たすなど、多くの実績を残しています。

全国制覇を目指し実績を積み重ねる「静岡学園高等学校」

静岡市の静岡学園高等学校は、中高一貫の学校で大学進学率が高く、教養科学科では志望大学への現役合格を目指して学び、各々の希望と適性による系統別コースがあります。日本の伝統文化継承プログラム、インターナショナルプログラム、全校ボランティア活動、地域共生活動などのさまざまな体験プログラムも用意されています。
卓球部は2016年、全国総体団体戦8年連続10回出場、男子卓球部が県高校総体5連覇達成、新人戦県大会団体戦優勝、東海総体団体戦準優勝、全国高校総体、中部日本選手権ダブルス準優勝など、数々の成果を残しています。

県新人戦優勝、インターハイでも活躍を見せる「三重県立白子高等学校」

三重県鈴鹿市の三重県立白子高等学校は、学科は普通科と生活創造科があります。普通科の中には全国的に珍しい普通科文化教養(吹奏楽)コースが設置されており、普通科のカリキュラムをベースにしながら専門的な管楽器・打楽器の技術が学べます。部活動も盛んで、特に卓球部と吹奏楽部は県内でトップクラスです。
卓球部は2016年の県新人戦での優勝をはじめ、多くの大会で活躍を見せています。インターハイ予選では男女共に上位の成績を残し、「2016情熱疾走 中国総体」への出場も果たしています。

闘いの場は16年連続出場中のインターハイ「名鉄学園 杜若高等学校」

愛知県豊田市の名鉄学園杜若高等学校は、平成27年度から男女共学校となった学校です。文理コース、特進コース、総合コースがあり、勉強と部活動が両立できるICT教育導入、スキー&スノーボード実習といった多彩なフィールドワークなど、コースによってさまざまなサポートが行われています。五輪メダリストの羽根田卓也さんが在籍したカヌー部をはじめ、運動部、文化部とも部活動は活発です。
特に卓球部は全国高校選抜、天皇杯・皇后杯・全日本選手権への出場実績もあり、2016年は16年連続18回目のインターハイ出場を果たすなどの成果を残しました。

まとめ

中部地方の卓球強豪校を紹介いたしましたが、いかがでしたか? どの学校も部活動が盛んで、全国レベルの実力を持っているところばかりです。 2020年には東京オリンピックがあり、さらに卓球への注目が集まります。中部地方の卓球選手の今後の活躍にも期待したいですね。

関連記事

おすすめの記事