「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東海地区の卓球の強豪校を調べてみた!

2017 1/25 10:28
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by 279photo Studio/Shutterstock.com

リオデジャネイロオリンピックでの卓球選手の活躍は記憶に新しく、絶対王者の中国に日本が迫りつつあることからもわかるように、卓球大国の勢力図は変わりつつある。東海地区の現役高校生たちはどんな活躍を見せてくれているか紹介していく。

実力は日本一 愛知工業大学名電高等学校その1

愛知県名古屋市にある愛知工業大学名電高等学校(愛工大名電)は、男女共学の私立校だ。野球ではイチロー選手を輩出したことで有名だが、卓球ではアテネオリンピックに出場した鬼頭明氏が同校出身だ。
卓球部は泣く子も黙る名門で、創部はなんと1930年だ。付属の中学校があり、中学生も一緒に練習を行う。部員は練習場を備えた寮で生活している。
2016年のインターハイでは、男子シングルスで愛工大名電の選手がベスト4を独占した。男子ダブルスも優勝、男子学校対抗でも実に21年ぶりの優勝を果たし、全種目制覇の快挙を成し遂げた。

活躍の場は世界 愛知工業大学名電高等学校その2

2016年日本代表の候補選手として木造勇人選手が抜擢されており、ジュニアナショナルチームには松山祐季選手、附属中学校の田中佑汰選手が選ばれている。また、ジュニアナショナルチーム候補として、高見真己選手、附属中学校の小林広夢選手、篠塚大登選手が選出された。
2016年の世界ジュニア選手権では、木造勇人選手、松山祐季選手が出場した男子団体で見事優勝している。今後の日本卓球界を担う選手が愛工大付属中学、高校に集結しているのだ。

おすすめの記事