「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夢と感動と愛を与えた日本卓球界の偉人5人

2016 7/23 23:12
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

今や卓球界は中国勢が世界を席巻していますが、歴史的に見れば日本も決して負けてはおらず、近い将来には、是非とも卓球ニッポン復活を期待したいものです。
そうした願いもを込めて、これまでの卓球の歴史を紐解きながら、レジェンドたちの活躍をなぞってみます。

かのサマランチ元IOC会長も畏敬の念で迎えた荻村伊智朗

我が国で「ミスター卓球」といえばもうこの人、荻村伊智朗以外にありません。
1932年静岡生まれの荻村は16歳から卓球をはじめ、そのわずか5年後に世界卓球選手権シングルス優勝という離れ業を演じたばかりか、以降もシングルス、ダブルス、混合ダブルス、団体で合計12もの金メダルを獲得しました。
なかでも白眉は1954年からの世界選手権団体5連覇でしょう。この記録は21世紀になって中国に破られるまで、実に40年以上に渡って輝いた大金字塔でした。
荻村はまた、現役を退いたのちも世界各国を飛び回り、卓球振興に生涯を捧げました。 この活動を目の当たりにしていたサマランチ元IOC会長は、「荻村はスポーツ界のリーダーである以上に、極めて優秀な外交官だ」と評したほどです。

ミス卓球 江口冨士枝

世界の卓球の勢力図は、現在はご存知の通り中国の独擅場となっていますが、20世紀前半はヨーロッパ勢、そして1950~1960年代にかけては日本が、世界のトップに君臨していました。 その原動力となったのが先の荻村であり、女子では江口冨士枝でした。
江口は世界選手権で6個の金メダルを獲得する業績を残しました。しかし江口は、「自分には才能がなかったから人の倍以上練習するしかなかった」というのですから、大選手というのはどこまでもストイックです。
江口は現役引退後も大阪卓球協会の第4代会長を務めるなど、卓球愛、卓球界への貢献はとどまるところがありません。

おすすめの記事