「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

卓球に効果的!必須のストレッチ4つのアドバイス

2016 12/21 10:03
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Roka Pics / Shutterstock.com

野球やサッカーなどと比べ、見た目には運動量の少ないイメージがある卓球。だからといって、準備を怠れば思わぬケガや不調に悩まされることも。 この記事では、卓球をプレイする際にストレッチでケアしておきたい部位について説明していこう。

競技スポーツとしての卓球で負担がかかる体の部位は?

初めにお伝えしておきますと、この記事でご紹介するストレッチや準備運動は卓球を競技としてプレイする方に効果的なものだ。
卓球は決して広いグラウンドを走り回るようなスポーツではないが、スピードに乗ったボールを瞬間的な判断と動作で打ち返すので、各関節の可動域などに無理がかかりやすいともいえる。また、やや前傾の姿勢をとることが多いため、腰周りに負担がかかりやすい競技でもある。 では、ストレッチが効果的な体の部位とその理由について探ってみよう。

卓球の動作は脚部から。足の各部位に効果的なストレッチ

一言で脚部といってもさまざまな部位に分かれているが、重要なのはアキレス腱を含む足首、ふくらはぎ、ヒザ、太ももとまんべんなく伸ばしておくことだ。特にステップや方向転換で常に負担がかかる足首周りとヒザは入念にストレッチをしておこう。アキレス腱をしっかり伸ばせば可動域も広がり、よりプレイがしやすくなる。
直立姿勢から両ヒザを適度に曲げ、くっつけて回転させる運動は、伸縮を繰り返すヒザの動きをサポートする効果がある。ふくらはぎのケアは、アキレス腱のストレッチを応用できる。両足を伸ばして座り、手を床につけたままつま先だけ手前に引く動作を繰り返す。

おすすめの記事