「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

卓球の魅力がつまった名場面・名勝負 5選

2016 12/21 19:03
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mike Orlov / Shutterstock.com

リオ五輪では、個人で水谷隼選手が、団体で男子・女子の両方がメダルを獲得し注目を集めている卓球。 実際に試合を観ると、そのスピード感や繰り広げられる駆け引きに驚いた方も多かったのではないだろうか。 そんな卓球の魅力が詰まった名場面・名勝負を紹介する。

2003年世界卓球決勝 シュラガー対朱世赫

卓球選手を紹介する時に必須となっている項目がプレースタイル。両者のプレースタイルによって、どのような試合になるかという目安になる。
この試合では、ボールにドライブ回転をかけて打ち込む攻撃的なドライブ主戦型のシュラガーと、卓球台から離れてボールに下回転をつけ、とにかく拾いながら一瞬の隙をついて攻撃するカット主戦型の朱世赫のプレースタイルが、世界一を決める舞台で高い集中力のもと、これでもかと噛み合った試合だった。
ドライブで打ち込むシュラガーのボールを拾いまくる朱世赫選手。しかし一瞬の隙を見せると元々ドライブ主戦型だった朱世赫も一気に打ち込んでくる。エッジーボールで流れが変わりそうになりながらも打ち込むことを止めなかったシュラガーが、初の世界一に輝いた。

2013年全日本卓球選手権男子決勝 丹羽孝希対水谷隼

2008年の北京、2012年のロンドンと2大会連続で五輪に出場していた水谷隼は、当時の世界ランク10位。2007年~2011年に全日本5連覇を果たすなど押しも押されもせぬ日本のエースだった。
一方、青森山田高校に在籍していた丹羽孝希は当時の世界ランク22位。将来のエース候補として期待を集めていた丹羽だったが、2011年の準々決勝の対戦では0-4の完敗。丹羽にとって水谷は高い壁だった。 その丹羽が水谷に勝利して、全日本初タイトルを獲得したのがこの試合。普段はクールで感情をあまり表に出さない丹羽選手が最後のポイントを獲得した時に見せた雄叫びが印象的だった。

おすすめの記事